ThinkBIGThinkBIM #3「建築業界が挑むテレワーク」

2020/05/29(金)に開催いたしましたWEB座談会企画
「ThinkBIG ThinkBIM #3 建築業界が挑むテレワーク」を公開いたしましたのでお知らせいたします。
前編では各社のテレワークの取り組みを紹介していただきました。
https://youtu.be/zrBkDes6ZTc

後編では、オフィスワークとテレワークとで、建築設計がどう変わるかなど
興味深いお話をしていただきました。
是非ご覧いただけますと幸いです。 

https://youtu.be/PGLfhcpoixM

 そして・・・

次回のテーマと日程が決定いたしました。

2020/07/10(金)17:00~18:00
「2050年 デジタルで変わる働き方の未来」

ということで、現在は何かとBIMが話題となっていますが、今後時代が進んだ先にどのようになっていくのか議論していければと考えております。
2020年1月。内閣府は2050年までに達成する6つの目標を「ムーンショット目標」として発表しました。内容をみるとまるでSF映画の世界ですが、
そんな未来で建築業界だけが現在と同じ働き方、、、、だったら悲しい事だと思います。
30年間先の未来を想像することで、今何をするべきなのか。
見えてくる部分があるのではないでしょうか。
まずは想像力を働かせて、考えるところから始めていきましょう。

今回もZOOMを使ったWEB座談会形式で開催いたします。
自分の考えを共有したい、いろんな人の考えを聞きたい。
YOUTUBEに出てみたい(笑)などなど、お気軽にお申込みいただければと思います。(先着10名)
https://forms.gle/6ghmyfud2926SFtn7
ThinkBIG ThinkBIMでは、随時トークテーマやゲストを募集しております。
また視聴後のご意見などもyoutubeのコメント欄に書き込んでいただけますと幸いです。

[この記事を書いた人]
大槻 成弘(おおつき しげひろ)
株式会社SEEZ代表取締役
フロリダインターナショナル⼤学で建築を学び、アナログからデジタルへの急激な変化を体験する。
以後、未来のデジタルワールドの可能性に魅了され、3DやBIMの経験を活かした建築に携わる。
テクノロジーの急速な進化による情報化社会への変化の中で、日本の建築における教育システムや払き方に疑問を持ち独立。
現在は、株式会社SEEZ代表取締役。
BIMやデジタルツールを通じて、建築に関わる幅広い世代の意識改革や人材育成に力を入れ、日本のBIM活性化のために邁進中。
<
[最近の記事]