【予告】SEEVA University

SEEZが設立時から関わってきた「教育」

蓄積してきたノウハウをもとに、デジタルで繋がる新たな学びの場を提供致します。

国難ともいえる新型コロナウィルスの影響は、企業だけではなく学校へも及んでいますが、

終息、或いはコロナウィルスをはじめとする未知の脅威と共に生活していく未来の社会をを想像し、

従来の働き方や学び方に変革を起こすチャンスととらえています。

4月は本来、夢や希望を胸に新たな生活を始める季節ですが、

その機会を奪われている方は多いのではないでしょうか。

そんな方たちにSEEZができること。まずは全国の建築を学ぶ大学生・専門学生向けに

“オンライン”で学ぶことのできるBIMの初級カリキュラムを無償公開致します。

近日中に詳細発表予定!






[この記事を書いた人]
大槻 成弘(おおつき しげひろ)
株式会社SEEZ代表取締役
フロリダインターナショナル⼤学で建築を学び、アナログからデジタルへの急激な変化を体験する。
以後、未来のデジタルワールドの可能性に魅了され、3DやBIMの経験を活かした建築に携わる。
テクノロジーの急速な進化による情報化社会への変化の中で、日本の建築における教育システムや払き方に疑問を持ち独立。
現在は、株式会社SEEZ代表取締役。
BIMやデジタルツールを通じて、建築に関わる幅広い世代の意識改革や人材育成に力を入れ、日本のBIM活性化のために邁進中。
<
[最近の記事]